ゴルフクラブについて|初心者指南

ゴルフというスポーツはゴルフクラブを使って止まっているボールを打ちながらグリーン上にあるカップに入れるまでのショット数を競うスポーツです。

その時に使うクラブについて解説していきます。

まずはクラブの種類からですが、種類だけでいうとかなりの数がありますが、実際にラウンドする時に決まっているのは最大で14本までと決まっています。

その種類は大きく分けてウッドと言われているものとアイアン、そしてパターがあります。ウッドにはドライバーとフェアウェイウッドと呼ばれるものがあり、ドライバーは主にティーグランドと呼ばれる各ホールの最初のショットを打つ時に使用し250ヤードから300ヤードの距離を打つのに使用します。

このショットの出来いかんで次のショットではフェアウェイウッドを使ったりアイアンを使ったりしてグリーンを狙ってショットをして行きます。14本のクラブには其々想定された距離が飛ぶように設計されておりシャフトの長さやボールが当たる面の部分の角度に違いがあります。

このボールの当たる面をヘッドと言い地面との角度の事をロフト角と言います。通常は短いクラブの方がロフト角が寝ていて扱いやすく長いクラブほどロフト角が立っていてコントロールが難しくなって来ます。

ゴルフクラブの選び方に関しては高反発ドライバーの選び方というサイトが役に立ちます。

そしてクラブにはその違いが見分けやすいように番号がつけられていてドライバーは1番、通常使用されるフェアウェイウッドは3番、5番、7番などが一般的です。そしてアイアンは3番~9番までとピッチングと呼ばれるクラブとサンドウェジと呼ばれるクラブがあります。

ピッチングやサンドはグリーンの周りからグリーンに乗せる為に使われます。特にサンドはバンカーと呼ばれる砂のハザードから打つのに使われます。ゴルフのスコアを良くするためのポイントはこのピッチングやサンドがいかに思い通りに打てるようになるかでかなり違って来ます。

そして最後の一本がパターでこれはグリーン上で最後のショットとして使われ形も色々と種類があり自分の一本になかなか出会えない物ですが、自分の手足のように使えるようになると非常にゴルフが楽しくなります。